幼稚園は子どもが出会う初めての学校です。
02
「明るく元気で、素直なたくましい子ども」
中仙道幼稚園では、遊びを通して豊かな感性を持ち、心豊かに、主体的に生活する子どもの育ちを目指しています。
根っこの教育
幼児期は、生涯にわたる人間形成の基礎が培われるとても重要な時期です。
生活や遊びといった直接的・具体的な体験を通して、情緒的・知的な発達、あるいは社会性を学び、人間としてより良く生きるための基礎を獲得します。
私達はこの時期の教育に時間と労力をかけ、じっくりと子ども一人一人に向き合っています。

3歳児は、3歳児特有の発達を温かく受け止めながら自分らしさを発揮して遊ぶ姿を見守り、4歳児は、4歳児という時代を支え、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わえるように、5歳児は、5歳児としての育ちにつなげ、友達と一緒に創り出す協同的な生活や学びの芽が生まれるように手助けをします。